パプリカの概要



唐辛子の主な辛み成分のカプサイシンが劣性遺伝子のため、ピーマンやシシトウガラシと同じく果実に辛みをもたないトウガラシの栽培品種である。パプリカの品種をつくり育てたのはハンガリーで、現在も一大産地と知られる。ハンガリー料理にパプリカは欠かせない存在で、シチュー料理グヤーシュをはじめ、数多くの料理に用いられ、かつては国をあげてパプリカを生産保護していた程であった。アメリカでの主な産地はカリフォルニア州とテキサス州。 パプリカの果実はやや大型となり、辛みが無い、もしくはほとんど無い。果皮はやや硬いが、果肉は豊富な果汁を含み肉厚で糖度が高い。果実は加熱調理するほか生でも食べられる。栄養素の構成もピーマンに似るが、ビタミン様物質の一種であるビタミンPを含んでいる。ビタミンPはビタミンCを壊れにくくし、またその抗酸化作用の性質を高める効果をもつため、加熱調理してもビタミンCが失われにくい。

スパイスとしてのパプリカは、種子を取り除いた赤いパプリカを乾燥させ、粉末化したものである。唐辛子にも似た独特の風味を持つが、味や風味が穏やかなため、大量に投入しても料理の味を損なうことは無いと言われる。鮮やかな赤色で、黒く焦がさない限りは調理しても赤みを保つため、料理を彩る色彩としても用いられる。 カラーピーマンは、しばしばパプリカと混同されることがあるが、カラーピーマンはピーマンを完熟させて収穫したものである。通常のピーマンも完熟させれば色が変化して辛みが薄れ甘みが増す。果実はピーマンと同様の形状と形態をもつが、ピーマンが青い時期に収穫するのに対し、熟してから収穫を行う。そのため収穫までの時間がかかり、また様々な被害を受けやすくなるため収量が劣る。パプリカは肉厚で果実の部屋数が3?4に分かれた綺麗なベル型の品種である。一方ピーマンはパプリカより肉薄で膨らんだベル型を形成せず、パプリカのように赤く熟してしまうと長期保存が効かない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


[PR] 保健師・合格率

オススメリンク集


ピアノ練習.com -初心者の練習方法など-

セールスレター例文@ランキング

競馬予想ソフト@人気ランキング

面接対策@人気ランキング

速読術トレーニング・方法@人気ランキング

育毛剤・発毛剤@人気ランキングNAVI

セックス(SEX) 仕方・やり方@人気ランキング

【ロト6予想・攻略法@情報館】確率・攻略の謎をとく

英語 勉強法@人気ランキング

パチンコ必勝法@人気ランキング

TOEIC勉強法@人気ランキング

TOEIC 勉強法@ランキング|TOEICのスコアアップで結果を出す!

不妊治療@完全ガイド -妊娠したい方へ-

キャバクラ嬢(キャバ嬢)口説き方・落とし方@人気ランキング

脱毛クリーム@人気ランキング

風俗嬢の口説き方・落とし方・付き合い方@人気ランキング

初心者のためのオンラインカジノ 【必勝法・攻略法】

ダイエット茶@人気ランキング